チェーンメールについて

チェーンメールは、送信されてきた経験をお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、最初は被害者、その後に加害者側になってしまう可能性があるちょっと変わった迷惑メールの一つとなります。
ここで再度確認してみてください。

 

チェーンメールとは

チェーンメールは、メールの最後に「このメールを●人の人に送ってください」といった内容のことが書かれているのが特徴である。
そして「止めると殺される」などの脅し文句が入っていることも多いが、その逆に「〜のために広めてください」と積極的な流布が社会に貢献するかのような文句がつけられていることもある。

 

内容としては「○○が殺されたので犯人を探している」「こんなコンピュータウイルスが出回っています」などの場合がほとんどであるが、「芸能人が○○に現れる」「お金持ちになる方法を教えます」というものも出回っている。

 

チェーンメールは人の手をわたる間に内容が変化する。
単なる書き間違いである場合が多いが、より多くの人を引っ掛けるために説得力のある文に書き換えられるということもある。
本当のメールとチェーンメールの見分け方は語尾の「何人の人に送ってください」という文章である。
書かれた内容は参考になることは少なく、信用できる友人から送られてくることが多いため注意が必要である。

 

引用元 ウィキペディア
一部記号を編集しております。

 

不幸の手紙のように、不特定多数の人々の間を増殖しながら転送されていくことを目的とした電子メールのこと。

 

いたずら目的のものがほとんどだが、まれに募金の呼びかけなど善意に基づくものがチェーンメール化する場合がある。

 

チェーンメールを受け取った際には止めるのがマナーであり、内容に関わらず他人に転送してはならないとされている。

 

いたずら目的の場合はたいてい「すぐに転送して友達に知らせてあげましょう」などと、不特定多数への転送を煽る文句が記されている。
チェーンメールの内容は、ほとんどがねずみ講の勧誘やデマである。
知人から「新種のコンピュータウイルスに注意」「人気芸能人の××が死亡した」「ドラえもんの最終回」などのメールを受け取ったら、チェーンメールである可能性が高いので注意が必要である。
発信元として大企業や有名人の名前を挙げて信憑性を高めようとする例もある。

 

最近では、人気テレビ番組の企画を装ったチェーンメールが若者の間で流行し、話題となった。
ねずみ講など金銭の絡んだチェーンメールは法律に抵触する可能性もある。

 

引用元 IT用語辞典
ページの容量上、一部編集・削除しております。

 

まとめ

このように、その時々によって内容は違いますが、メールを受け取った人を巻き込んで更に被害を拡大させるような連鎖的なメールをチェーンメールと言います。

 

最近はあまり見かけなくなったような気がしますが、もし届いた場合はそのまま削除して被害が広がらないようにし、加害者側にならないように注意してください。

 

チェーンメール関連ページ

迷惑メール
携帯電話やパソコンに届く迷惑メールとは、どのようなものなのか?についての説明ページです。
架空請求メール
携帯電話などに架空請求メールが届くようになった場合の対策法についてのご紹介です。
なりすましメール
携帯電話などになりすましメールが届くようになった場合の対策法についてのご紹介です。
各携帯会社の専用ページ一覧
携帯電話などに迷惑メールなどが届くようになった場合の対策法ついて掲載されている各携帯会社の専用ページの一覧です。
迷惑メール相談センター
携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールの対応をしてくれる財団法人日本データ通信協会の迷惑メール相談センターの情報です。
日本産業協会
携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールの対応をしてくれる財団法人日本産業協会の情報です。
インターネット・ホットラインセンター
インターネット・ホットラインセンターは、インターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口です。
国民生活センター
国民生活センターでは、迷惑メールなどに関する相談だけではなく、様々な生活上でのトラブルなども相談できます。
基本的な対策
携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールの基本的な対策についての説明です。
メアド作成方法
携帯やパソコンのメールアドレスの作成方法についての情報です。