架空請求について

架空請求メールについて、まずは基本的な意味を掲載しております。
今回も引用メインとなってしまいますが、ご了承ください。

 

架空請求メールとは

架空の請求書を無作為にメールで送りつけ、支払いを要求する詐欺。請求の内容は適当にでっち上げたでたらめで、請求対象の商品やサービス自体が創作である場合も多い

 

有料アダルトサイトの利用料や出会い系サイトの登録料金、オンライン通販の商品代金を請求する事例が多い。事業者自体を名乗るのではなく、事業者から債権を買い取った回収業者を名乗ったり、「期限までに支払いがない場合は法的措置を取る」など強行な文面で不安を煽るなど、手口は年々巧妙化している。

 

請求書を送りつけられた人の中には、過去に自分が使った別の事業者の請求と勘違いしたり、身に覚えがなくても「手切れ」のつもりで振り込んでしまったり、家族が使ったと思いこんで支払ってしまう例もある。

 

こうした詐欺メールは2002年初頭くらいに現れた。メールアドレスのリストさえあれば簡単に送信できることなどから、被害は一貫して増え続けている。

 

引用元 IT用語辞典

 

根拠のない債務を恰も存在するかのように装い、その弁済を要求する。

 

具体的には利用したことの無い情報サービスについて、業者が一方的に情報サービスの消費があったことを主張し、その利用料を請求するのが典型的な形態である。
相手に請求を行う手法としては、以前にサービスを利用したことのある顧客リストを基に請求を行う、何らかの名簿や個人情報が流出したものを利用して請求を行う、個人情報収集用のWEBページに入力された個人情報を基に請求を行う、名簿業者から何らかの名簿や、メールアドレスのリストを購入して無差別に請求を行う、さらには、ショートメッセージサービスや電話番号で順番に請求して廻るものがある。

 

請求の名目としては、ダイヤルQ2利用料、ツーショットダイヤル利用料、出会い系サイト利用料、携帯電話の有償サイト利用料、有償ホームページの利用料などを挙げ、これら有料のサービスや情報を利用したと一方的に主張する手法が長く用いられている。
近年は、健康保険に関わる手数料や保険料の請求、不正な楽曲ダウンロードによって被った損害の賠償を請求する手口もある。

 

WEBページの中に掲示されている電子メールアドレスを収集したり、漏洩したメールアドレスのリストや、名簿業者から購入したメールアドレスのリストを用いたり、個人情報収集用のWEBページに入力されたアドレスを元にして、電子メールにて根拠のない請求の通知を行う。

 

メールが使える人の大半はパソコンを所有していることから、有料のWEBページを閲覧した、有償の情報を利用したと主張して、架空の請求を行う。
指定金額を指定の銀行口座に直接振り込むように求める他に、電話で連絡を取るように仕向けることも行われる。

 

また、2007年初頭には、裁判所を騙り、電磁気的手段で督促命令を伝達すると称して弁済金の振込みを指示するメールが確認されている。

 

引用元 ウィキペディア

 

まとめ

このように、そもそも利用した覚えがない有料サイトを利用したという理由から請求をしてくるメールを架空請求メールと呼ばれています。

 

対処方法などは違うページで掲載しますが、いきなり架空請求メールが届いたからと言って慌てて振り込みなどをされないようにしてください。

架空請求メール関連ページ

迷惑メール
携帯電話やパソコンに届く迷惑メールとは、どのようなものなのか?についての説明ページです。
なりすましメール
携帯電話などになりすましメールが届くようになった場合の対策法についてのご紹介です。
チェーンメール
携帯電話などにチェーンメールが届くようになった場合の対策法についてのご紹介です。
各携帯会社の専用ページ一覧
携帯電話などに迷惑メールなどが届くようになった場合の対策法ついて掲載されている各携帯会社の専用ページの一覧です。
迷惑メール相談センター
携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールの対応をしてくれる財団法人日本データ通信協会の迷惑メール相談センターの情報です。
日本産業協会
携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールの対応をしてくれる財団法人日本産業協会の情報です。
インターネット・ホットラインセンター
インターネット・ホットラインセンターは、インターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口です。
国民生活センター
国民生活センターでは、迷惑メールなどに関する相談だけではなく、様々な生活上でのトラブルなども相談できます。
基本的な対策
携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールの基本的な対策についての説明です。
メアド作成方法
携帯やパソコンのメールアドレスの作成方法についての情報です。