離婚に備えコッソリ蓄財

あなたの奥さんも意外と“持ってる”かも…。サラリーマンの冬のボーナスが減少する中、へそくりを持つ妻が増えているというアンケート結果が出たというから驚きだ。そしてへそくりの平均額も「376万円」と、前年から実に70万円近く増えているというのだ。

 

損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命が全国の20〜50代のサラリーマンの妻500人を対象に冬のボーナスや家計の実態についてアンケートを行ったところ、ほぼ半数(48・2%)が「夫に内緒の資産を持っている」と回答、前年冬の調査結果43・4%から大きく増加した。

 

へそくりを持っている人の平均金額は、376・1万円と、こちらも前年冬の308・3万円から急増している。

 

金額の分布をみると、「300万円未満」の人が全体の6割以上だが、約1割が「1000万円以上」、そして「5000万円」と回答した人も3人いた。

 

これだけのお金をどうやって貯めたのかが気になるが、へそくりの原資については「結婚前に貯めていたお金」「結婚後自分が勤めて稼いだお金」「結婚後、生活費を浮かせるなどしてこつこつ貯めたお金」との回答が多かった。

 

一方、この冬のボーナスの平均手取り額は前年から0・6万円減の61・5万円と2002年の調査開始以来最低を更新。ボーナスの中から夫に渡した、または渡そうと考えている小遣いの額は半数近くが「0円」と回答した。

 

夫が緊縮財政を強いられる一方、妻はへそくりという特別会計に“埋蔵金”を貯め込んでいるという悲しい構図にもみえるが、損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命広報室はこう分析する。

 

「とにかく貯めていこうという意識が感じられます。アンケート結果でも、ボーナスの使いみちは『預貯金』という人が75%と過去最高です。これが“表の貯蓄”とすると、へそくりも“裏の貯蓄”として増やしているようです」

 

 

 

これは皆さんの家庭全てが該当するわけではないでしょうが、いざという時に備えてのヘソクリをされる主婦は増えているようです。
男性側からしたら、嬉しいやら悲しいやら・・・なんとも言えない内容ではありますが、やはり、女性はお金に関してはしっかり者な人が多いということですかね!?

 

ひょっとして・・・皆さんがお小遣いサイトでお小遣い稼ぎされているのは、このような事態に備えるためですか?笑

妻の“ヘソクリ”平均376万円!関連ページ

将来、お小遣い稼ぎができそうなおケイコは?
将来、お小遣い16 件稼ぎができそうなおケイコ ベスト10
主婦の6割にアルバイト・パート経験あり
主婦の69.6%にアルバイト・パート経験があり半数以上はその給与を自分のお小遣いとして使っていることが判明
1か月のママのお小遣い
一ヶ月の母親のお小遣いの金額についてのアンケート結果をご紹介します。